気をつけるべきことは?査定のポイント

付属品は査定ポイントの1つ

時計を購入すると箱、保証書、説明書などの付属品が必ず付いてきますよね。また、時計を購入した時にブレスを調整した場合、余りコマが出るはずです。それも大事な付属品ですよ。 買取店に査定に出す時に、こうした付属品があると査定額がアップします。保証書は保証期間が切れていても問題ないですよ。保証期間が切れていても、商品の品質を証明する役割は果たしますからね。 どうして付属品があると査定額がアップするのかと言うと、付属品がある中古の腕時計の方が販売しやすいからです。保証書などの付属品付きの中古腕時計と付属品のない中古の腕時計、どちらが安心して購入できますか?おそらく前者ですよね。このように付属品付きの腕時計は買取店側が売りやすいので、査定額も高めになるんです。


状態の良さも査定ポイント

長く腕時計を使っていれば、チョットした傷や汚れが付いたりしますよね。こうした状態の良さも査定ポイントになります。 例えば傷は軽度、中度、重度に分類できます。軽度の傷というのは腕時計を使っていれば自然に付くような傷で、査定に余り影響は出ません。素人が下手に補修しようとすると傷が深くなる恐れもあるので、軽く磨いたらそのまま査定に出すほうが良いですよ。中度の傷は腕時計をどこかにぶつけた時にできる少し深めの傷で、場所によってはかなり目立ちます。そのため中度の傷だとマイナス査定になる可能性は高いです。重度の傷は中度の傷より更に目立つ深い傷で、このレベルの傷だとマイナス査定は避けられませんし買取不可の場合もあります。 ただし、正規品の高級ブランドの腕時計であれば、どんなに状態が悪くても買取ってくれる買取店もありますよ。